NF 測定結果


校正していない測定結果ですので比較用としてご覧ください、ちょっと辛めな結果に感じますが分かりません。No1,2自作のタイプはまだ調整をしていません、No3のコスモウェーブは作り方に問題があるかもしれませんもう一つKitがありませので作って比較してみます、No.5,6は現在EMEで使用しています。
プリアンプの条件としては安定性、強力な信号に対するIMD特性、選択性能、低NFなどロケーションによる条件もありますがあとは全体のバランスでしょうか。

PreAmpのNF測定


久しぶりにHPのNoise Figure Meterの電源を入れましたがキャリブレーション中にフューズが飛び交換後再度スイッチON、一応測定は出来るのだが何かちょっとおかしい。画面のPGA103+を使ったPreゲインはスペアナと同じだがNFが良すぎるようです。校正もしてないので正確には分かりませんが比較はできます、川越無線のPreが一番NFがよく0.22、現在EMEで使用しているHA8ET製EXTRA-2(左)は0.68-0.7でした(ホームページのデータでは0.6)。

2mアンプの温度テスト


昨日の2mアンプの温度テストです、サーミスターはMOSFETの近くで銅板に押し付けるように止めてあります、出力を980Wに設定しJT65bの送信50秒受信70秒を繰り返し温度変化をチェックします。FANは電源オンで低速40度を超えると高速で回ります、60℃を越えるとHiTempのLED点灯です。
スタート時34.7℃50秒後46.1℃70秒後38.2℃以後48.5、39.3、49.1、40.0、49.7、40.4、49.8、40.6、49.8、40.7、49.8、41.0、50.6、41.0度でした、16分送受信しましたがこれ以上は上がらないようです。温度が上がったため出力は80Wダウンの900Wになりました。

ネパールに持っていくAMPのTEST


10月末にネパールの9N1AA局に持っていく組み立てたAMPのTestです、暫くサボってました。電源を入れるのはいつも緊張します、何事もなくバイアス電流を2Aに調整しIC910を送信2.5Wドライブ(6dbのATTが入ってますのでBIRDでは10W)で1Kwちょっとの出力が出ました。あとは細かい調整をして完成です、良かった!!

台風21号とアンテナ


午後から吹き荒れていた風もどうやら峠を越えたようです、2mブーム9mの14エレX2X2ですロープで固定してありましたがそれでも左右に振られていました。

英語の勉強?


無線とは関係がありませんが最近BGMにBBCを見ています、日本のニュースとは別の視点で見られないものが多くありますので勉強になります、今日はそのために43インチのTVを2台購入し作業室に設置しました。1台はTV用もう1台はPCのモニターとしてHMDIで繋ぎBBC専用です。BBCはアマゾンで見ることが出来ます、月700円ちょっとです、BBCを選んだのは映像が綺麗ですので、また1日に数回は同時通訳があります。

Charge Station



ハンディーの無線機、カメラの充電器、携帯電話、iPadなど充電器だらけになりましたのであると便利なかなか作れないCharge Stationを作りました。AC100Vのコンセントの長方形の穴あけが大変でした、12Vのあまっていた小さな12Vアダプターを両面テープで貼り付けLEDを付けました、SWで全部の電源オフにできます、これで付け忘れも防止できそうです。
パネルを止める枠は木材で金属と違って簡単に作ることが出来ます、一応角はスライド丸鋸で45度留め加工。

ノイズ対策No.3


USBで繋いでいるサウンドカードとの間にOLIMEXのUSB isolatorを付けました、良くなったような感じがします。
夜YC2MDUは-22db-23-24で3回見えていました、久しぶりのEMEの信号でした(聞いていないだけですが)。

ノイズ対策No.2


トランス式電源につづいてACラインにノイズ防止トランスを入れました、1;1のトランス(1KW)で商用電源AC100Vから切り離します。今日のEMEは月の位置が悪く効果のほどはわかりませんが期待しましょう。
このトランス無負荷でも消費電力20Wほどで半日も通電すると触れないほどではありませんがかなり熱くなりました。

高効率トランス式電源#2


ショトキーバリアーのブリッジダイオードとMosFETを使用した高効率電源ですが、やはり入力105V出力12Vのトランスでは13.8Vは厳しいことが分かりました。6A流すと入力(整流後)13.89V出力13.43V無負荷に比べると0.35Vドロップします、10Aでは入力12.97V出力12.74Vでした。ACを100Vから117Vにすると10Aで入力14.84V出力13.64Vとなりました。効率が良いので10A流していてもダイオードやFETはほとんど熱くなりません。10A13.8Vで使用するには当たり前ですがトランスを14-15Vに変更する必要があります。
中国製のデジタルメーター電圧はOKですが電流計が倍ぐらいの表示をしますので抵抗とVRで分圧し合わせました。

←Older