LPF 7,10,14,18MHz


4BAND用のLPFを作ります。1KV耐圧のセラミックチップコンデンサーがRSコンポーネンツにありましたので今日注文しました、47PF、100PF、220PF、470PFです、使用には組み合わせが必要ですが何とかなりそうです。もっと容量の少ないタイプも欲しいのですがありませんでした。

20m用LPF実験


LDMOSアンプに組み合わせるLPFの実験です、シルバードマイカの耐圧1KVが欲しいのですが500Vのものしかありません。コアーはT94-6、8回-9回-8回巻にコンデンサー146PF-272PF-272PF-146PFです、20Mhzあたりから減衰しています。
2-300Wはいけそうですが・・・

LDMOS用銅板加工


新しいフライス盤を使ってみます、試し切り(左)したあと本番です、Z軸(縦方向)の微調整ダイヤルが思ったようにセットできませんので少しずつ深さを測りながら削りました。

卓上フライス盤、旋盤


友人の店に発注してあった卓上フライス盤、旋盤が届きましたので取りに行ってきました。車に積むときはよかったのですが降ろして設置するまでが重くて大変でした、家内の手を借りやっとでした。これで金属加工が何でも出来るはずですが・・・・・

デジタルパワーメーター



今日はeBayで購入したVAC1100A DC 120V 100A LCD Voltmeter Ammeter Power Meterの動作チェックです、HFアンプを負荷としTestです電圧はOK,電流は5%ぐらいアマイのですがOKとします。消費電力も表示します。
欠点は電源のマイナス側に分流器を取り付けることでしょうか、電源のマイナス側を直にアースに落とせません。
昨日のHFアンプ50Vでは14Mhzで1Wドライブで1Kw出ました、周波数が高くなるほどPowerげ出るようです、要調整。

HF 1KW LDMOS AMP #1


HFの電源内蔵KWアンプを作ることにしました。ヒートシンクが大きいのでカットしました、Fanを取り付けLDMOSFETはBL578を使て見ます、基板部品などはW6PQLさんのKITです、細かい調整はこれからですが取りあえずTestして見ました。
48V32A(電流計は中国製正確ではありません電圧も電線が細いのでドロップがあると思います)TS590で15W、10dbのATTがあ入ってますので1.5Wドライブで1KW出ました。スペアナにはBIRD4430のsampling RF outputに27dbのATTを入れて測りました、見事に高調波がでてます、LPFでどこまで落とせますか楽しみです。
アルミ材のカットですがマキタのスライド丸鋸にアルミカット用の刃を取り付けてます、今回のヒートシンクのような大きなものはカットしたことがなかったのですがまーまー納得のいくところでした。

100W UHF 400–470MHZ Amplifier Power Amplifier Board For Ham Radio DIY Kits


eBayで売っているKit 41.55ドル送料Freeを購入してみました、本日届きました。ファイナルはモトローラのMRF186(900Mhzで100W)よく見ると再生品です、中国製ですがほんとうにPowerが出るでしょうか、説明書も部品リストも何も入っていません、HPは見つけましたがこの写真のAMPは周波数が低い(150M帯)ように見えます。
注意!箱に書いてあるテクニカルサポートにメールを書きましたがメールが戻ってきてしまいます、ここのメーカーは完成品もふくめ色々ありますが購入しない方がよさそうです、中国製はまともなところは無いですね。

電流を測る


今回は電流計のチェックです、基準をSANWAのデジタルメーターとし比較します。 HIOKIは背面分流器付きですほぼ合ってます、Chaina1は9.5A china2は8.5A China3は20Aを表示メーターは75mVフルスケールで分流器が別になってます。分流器か75mvフルスケールのメーターが悪いのか調べて見ますとどちらも不正確です、中国製は使用に耐えるものはありませんでした、値段は少し高くてもまともなメーカーが出てくることに期待します。

電圧を測る


AmazonやeBayで売っている500円から1000円の中国製のメーターの精度を見るためにスイッチング電源の出力を色々測って見ました。
値段からするとAgilentのマルチメーターが基準でしょうか、新品で購入しそれほど立っていませんので、次はSANWAのデジタルマルチメーターですが48.2Vと表示して欲しかったのですが少し低く表示するようです、次はHIOKIのテスター120Vレンジなので良く分かりません。
さて中国製のメーター2個同じメーカーですが微妙に違いますし1V前後多く表示しています、HIOKIのメーターはほぼ正確です。中国製のメーターは目安と考えた方がよさそうです、または50V付近だけを表示させるのであれば0点調整で合わせてしまう。それにしても何が正確なのか分からなくなります。次回は問題の電流計をシリーズにつないで面倒ですが比較します。

LDMOSアンプ用銅板


注文してあったAMP用の銅板がとどきました、今回は厚さ15mmにして見ました大きさは85 X 125mmです、1枚4374円でした。このあとフライスで石を埋め込む加工をします。右側はW7PQL Jimさんのものです厚みは12mm大きさは77 X 127mmです、加工済で100ドル。

←Older