LPF実験

今までに作ってあったT型5ポールとπ型7ポールのデータを取ってみました。やはり7ポールの方が切れます実際にはアンプの出力インピーダンスなどが50Ωでないと特性が乱れます、どっちが良いのかやって見ればよいのでしょうがなかなか面倒ですので7ポールで行きます。 <p>昨日のLPF基板SMAのコネクターをL型に変更しようとしたのですがオス側がリレーにあたって締められないことが分かり基板を新しく作りました。データを見ると前に作ったもの(左のデータ)より帯域内の乱れも少なくキレイです、何が影響するのでしょうか?今までのLとCを新しい基板に移し替えただけです。 LPFも奥が深いですね、コアーの種類違いや大きさによる違いなども試して見たいところです。