430MHzSSPA組み立て#4


配線やっと終わりました、もう一度見直してから電源ONです。
放熱板の上左側がメインのLDMOS500WAmp、奥がLPF、右側手前が入力用3dbATT、その後ろが12Vと50VのFETSW、一番後ろに遅延回路とリレー基板。手前の放熱板サイドには電源のフィルター、前面パネルには進行波と反射波用のLEDバーメータを取り付けています。遅延回路では同軸リレーが切り替わった後にAMPの12Vと50VがONになるようにしてあります。

Leave a comment

Your comment